セフレは風邪が疑われる

セフレはMAXではなくなりました。病院に来るまでは通常の暑さでしたが、結果的にいつも37℃以上を打ち負かしていました。そして、風邪が疑われると疑われたら、そのままCTに行った。

どうやら腎盂拡張。それは危険です。悪性腫瘍でない限り。
その夜からようやく水分量の監視と尿量の測定が始まりました。トイレに設置した専用尿保管容器とビーカー。一度に見える尿量や溜まった小便は楽しくてゲームっぽいですがかなり恥ずかしいです。

一番辛かったのは、隣の患者さんのいびきと、蚊が顔を舞う音がして、眠れなかった。今年のこの時期は蚊が怖い!
セフレはとても天気が良かったので散歩した。
大変なので、好きな季節に出られない! !
音楽を聴きながらのセフレは最高です。
おすすめの曲を教えてください(*´-`)
20歳の女子大生のMさん。彼は会社で経済学を専攻していると言います。
彼女の夜の仕事は高級キャバレークラブです。
かなり人気のある女の子のようです。

コメント