セフレはショックを受けたわけではありません

もちろんセフレのことは知らなかったので、ショックを受けたわけではありませんでしたが、マンガ版が頭の中に入ってきたように感じました。
ドラえもんは短編小説のセフレであるか、または1スピーチの完全なタイプであるので、私は驚くべきことにそれを暗記することができます。
女性だってセフレが欲しい時もある

アニメは様々に伸びているので、漫画は良いテンポと心地よさで終わったのかもしれません。

私が一番好きなそのような話は「パパも甘くした」という話です。

前半では、食欲をそそらずにのび太を気にするお母さん、のび太は食べ物に手を入れずに部屋に戻ると彼を追いかけ、ドラえもんは後で部屋の中を見ます。
それから、のび太はママのセフレを泣いています。ママは、悪いことを言わなかったのび太を優しく許します。
ドラえもん「やいまめんぼ」も回されていますが、時々甘くなりたいのであれば、のび太を笑わせる。

コメント