セフレに大事なことをお届けいたします

"見えない
大事なこと "
(セフレ)

見えない言葉

あなたに風をかける
お届けいたします。


私はいつも立ち往生

春、夏、セフレ、冬
手をつないで腕を組んで歩くのは当然のことです

夏が暑すぎるとき
指を切るのと同じように、小指だけがもつれる

呼ばれたらいつでも駆けつける女性は、セフレに見られがち

寒いとき
両手をポケットに入れて

手をつなぐときの寒さに関係なく
私は手袋を着用しないことにしました

他の服があります
私は私の指を引っ掛けるのが好きです

しかし、それはあなたの肩と手が腰に巻かれていることです
セフレはそれほど好きではない

私はそのような気がします、、、

何かのタイミングで
私は驚きだが笑

何か
私は恋人を走らせるのが一番好きです

それは散歩のためのそれです!
今日、私は読者以上のものがあるという自分の立場の何かに苦しんでいます。

コメント