この日、外で働いているセフレ

12月初めのセフレ出張。
この日、私は終日外で働いています。
雪の予報も涼しくなり、早朝から凍ったような寒さに耐える時間が続く。

しばらくすると、セフレは排尿しました。
仲間に私をちょっと「オシッコ」と言って、それは離れた場所、サメ、日陰に隠れていて、排尿のために働いていた。

 

セフレから本命彼女に昇格する事はあるのか?

暖かい衣服を裏返し、下着を着て、ズボンを裏返す...

どっちかちょっと可愛いよ♪
そこにはティンティンが風邪をひいて少し収縮した。
部屋の対象物であっても、全く不快感はないようです。
快適な感じはセフレ反発の枕のようなもので、指でツンドンに触れたときは気分がいい。
セックスの時に歪んだ頑丈な人物とは違って、私は両手で包みたいと思っていたことを喜びました。

コメント