セフレは老人ホームのような場所にいって

セフレ列をマーティンの光としよう。これで彼女は2つのゲイ病院を見に行きました。

その子を与えてください。

そして...私はすぐに老人ホームのような場所に行って、子供を見に行った。

私はセフレが上級から小学校の低学年であるのだろうかと思います。

大きな頭とおっぱいの男の子を持つ少年。

先生と夕食の周りを走っていた...私は施設内の人々に迷惑をかけた。

それは貧しい女の子だったので、選択肢がないことを誰も知らなかった。

その時、彼はどこにいても男のように見えましたが、

セフレはそれが女の子だと分かっていた。

それでも、私は目があまりにもびっくりしたので叱られました。

そ、

私はパパを何か嫌う。 ¨

私はどこで言われたのか目を覚ました。 ←

セフレに、他のセフレの事を聞くのってアリ?

 

コメント